パーソナルスタイリスト 筒井智代


ファッションへの思い

パーソナルスタイリスト筒井智代

40歳をすぎ、いわゆるアラフォーになり、今まで着ていた服がなんだか似合わない、何を着てもしっくりこないと感じ始めました。

 

決して若くないけど、まだおばさんに見えるファッションはしたくない。実年齢より若く見えるよう、ちょっと痛い若作りファッション、膝が丸出しのミニのフレアースカート等を好んで着ていました。

 

しかし、ある時、若くみせることより、歳相応な魅力あるファッションをしたほうが、オシャレだと思ったのです。

 

でも、歳相応のファッションって何???って分からず、雑誌を色々見て、街の人を観察し、試行錯誤しながら、似合う色の洋服、小物等を買ってきました。

しかし、何か違う?・・・              Acmeeスタイリングの続きはこちら▶︎



新着情報

● 10月18日(金)
  POLA主催 メイク×スタイリングイベント
  イオン豊橋南店

●11月19日(火)
  スカーフ・ストールのオシャレな使い方
  DO LIVING ISSEIDO@半田

筒井智代のプロフィール

年齢を重ね、体型が変わり、似合う服が分からなくなった大人の女性の味方。

「自分らしく輝くファッション」の提案をしているパーソナルスタイリスト。

 

アパレル商社に勤務していた父、自宅でエステサロンを経営していた母の影響で、幼少期から洋服が大好きだった。椙山女学園大学生活科学部で統計学、経営学、プログラミング等を学ぶが自分を良く魅せることに興味があり、アパレルメーカー(株)COXに就職。

 

ファッションアドバイザーとしては、5000人以上のお客様のアドバイスをする。

 

1999年、結婚を機に退職、専業主婦に。以前から興味があったパーソナルカラーの資格を取得。カラーセラピストとして、現在までに2000人以上のセッションを経験。

 

セラピスト養成を行うかたわら、豊田市、豊川市など愛知県各地の教育機関、公的機関での講演、名古屋や岡崎のカルチャースクールでも講師活動をしている。

 

プロフィールの続きはこちら▶︎